人気ブログランキング |


日々の暮らしや旅行、健康のことを綴っています


by blue-salvia2

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
ご挨拶
住まい
日々
エンターテイメント
読み聞かせ
お取り寄せ
義母
日帰り温泉
旅行
リフォーム
バリ島旅行
ガーデニング
クルーズ旅行 2019/2?3
お外ごはん
断食道場
2019.3月 断食道場
ショッピング
おうちゴハン
明治村
つぶやき
健康、美容
ぶらり日帰り
おやつ
2019.4月 北海道
仕事
家族
友人
クルマ
パン
嬉しいこと

以前の記事

2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 11月

最新のコメント

☆ marronmais..
by blue-salvia2 at 10:16
☆ さんしぇさん ..
by blue-salvia2 at 10:12
☆ blueさん ..
by blue-salvia2 at 10:07
☆ lilylilyma..
by blue-salvia2 at 10:04
おはようございます〜♪ ..
by blue-salvia2 at 10:01
☆ fsnoteakさん..
by blue-salvia2 at 08:48
☆ o-rudohime..
by blue-salvia2 at 08:42
salviaさん、こんば..
by marronmaison at 22:33
青いサルヴィアさん、こん..
by so249 at 18:24
クロスやカーテン選びは楽..
by blue721b at 15:23

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

浜松餃子を食べに
at 2019-09-15 10:31
カーテン選びは難しい
at 2019-09-13 08:53
少し夜更かし
at 2019-09-11 11:04
ロールパンをストックします
at 2019-09-08 21:32
クリムト展に行きました
at 2019-09-07 20:44

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

シニアライフ
主婦

画像一覧

浜松餃子を食べに


先日、テレビ録画でカンブリア宮殿を観ました



その時の放送で紹介されていたのは
浜松餃子で有名な浜松で
餃子を包む機械を製造しているメーカーです
















こちらの社長さんは
餃子製造機械を売りながら
全国の餃子を食べ歩いています。
アンテナショップ浜太郎をオープンしていて
そのお店に息子と食べに行きました。








b0406108_09323826.jpeg









b0406108_09330391.jpeg








b0406108_09332192.jpeg








b0406108_09333744.jpeg









イートインのコーナーは席数が多くなく
直売コーナー前の狭いスペースには
お客さんで溢れていました。
連休の初日なので
三世代の家族連れもいたりして
ビールを飲みながら餃子を食べ
ご家族でゆっくりと食事をされている感じ。
普段なら、回転がもっと良いのでしょうが
この日は順番待ちが長く感じました。
しかし、冷静に考えると
こちらのお店は単に餃子を売るためだけでなく
本来の目的は餃子製造機械を売るためなんですよね?
社長さん!笑












ようやく席に案内されました











b0406108_09340310.jpeg






b0406108_09342877.jpeg








割り箸の袋を折ると餃子型の箸置きになります
これは社長さんの遊び心ですか?笑








こちらは、おつまみチャーシュー







b0406108_09344153.jpeg







餃子も数種類メニューがあります
その中でも
ニンニク入りが赤の餃子
ニンニク無しが白の餃子
と、なっておりお皿の色も赤と白です。
私は白の餃子、息子は赤の餃子。







b0406108_09350790.jpeg








b0406108_09353146.jpeg






餃子のタレは3種類の方法で
どのタレを付けて食べても美味しかったです







b0406108_09355721.jpeg








私は最初からラーメンと半分炒飯に決めていましたが
息子は餃子18個の餃子定食にするか悩んでいました。
1人で餃子18個ってどうよ?!
結局、私と同じ定食にしました。
ラーメンも美味しく、炒飯は半分どころか
普通に一皿分の分量があり
途中でお腹いっぱいになり、私はギブ😰
食べながら、お持ち帰りの餃子を買って行かれる
お客さんも多かったです。
随所にお店の運営方法など社長の体験やアイデアが
練り込まれたお店でした。流石に商売上手!!











# by blue-salvia2 | 2019-09-15 10:31 | お外ごはん | Comments(12)

カーテン選びは難しい

今年の初めにリフォームが終わった
サロンの家の2階の部屋
息子の部屋ですが
いずれは私の部屋にするつもりなので
息子は母上が好きなようにすれば良いと
言ってくれています。
現在のカーテンは取り敢えず
息子が京都時代に使っていたニトリのカーテン。








これまで、色んなお店に行って見て来ましたが
サロンの家の窓の大きさは一般用ではなく
ハウスメーカーのオリジナルで
2つある窓も大きさが違います
オーダーで作るにしても
採寸に来てくれるお店が良いので
リフォームしてくれた会社を通すことにしました。









サンゲツのショールームに行き
サンプルの生地を貰って来ましたが
どうも納得が行かず、再度ショールームへ
2回目になるとイメージが固まり
また、アドバイスをしてくれた方が
センスが良くて安心できました
この時点では、この2つのどちらかにする予定







b0406108_08250512.jpeg






b0406108_08311589.jpeg







最後にリフォーム会社にもカーテンを
取り扱っており
既に一度見ていたのですが
発注する前にもう一度見ました。
すると、サンゲツで選んだレースのカーテンが
かなり高額で予算オーバーでした。
そこで、もう一度検討をしましたが
どうしても決め兼ねます。
すると、採寸にカーテン見本を
持って来てくれると言われました。









当日はカーテン見本を持って採寸に来てくれました








b0406108_08385183.jpeg







カーテン見本を窓に掛けたら
あれほど悩んでいたのが
部屋に合うカーテンがハッキリと分かりました。
サンゲツで選んだカーテンは
どちらも部屋に似合わなかったです。
写真は逆光になっていますが
カーテン選びが終わってホッとしています。











# by blue-salvia2 | 2019-09-13 08:53 | 住まい | Comments(26)

少し夜更かし

また暑さが戻ってきました
昨日の午前中は家事と庭いじり等を終えると
全身ずぶ濡れのように汗を掻いてしまい
疲れを取るためシャワーではなく入浴をしました
今週は今日まで予定が入っていて
忙しくしています








昨日の夕食は簡単に済ませて
息子が帰って来るまで
撮りためていたテレビ録画を見ました








イザベル 〜波乱のスペイン女王〜





b0406108_08180619.png






このところ、海外の歴史ドラマにハマっています





観てないドラマが7話ほどありました。
当時、欧州の王室は政略結婚で
イザベル女王の子ども達も
政略結婚で嫁いで行きますが
後継者のフアン王子も政略結婚
結婚後、まもなく病死してしまいます。
お妃は妊娠していますが死産すると
イザベル女王は希望を失くして
酷く落胆してしまいます
嫁いだ長女のイザベル王女も夫が死亡。




後にイザベル王女は再婚して妊娠します。
母のイザベル女王は、フアン王子を亡くしてから
長女イザベル王女と
その、お腹の子の存在が救いでした。
ところが、負のスパイラルは続き
イザベル王女は出産時に死亡
生まれた息子を大切に大切に育てますが
突然亡くなってしまいます。
イザベル女王が痛々しい…






イザベル女王は体調を崩してしまいますが
そうなると、後継者問題が浮き彫りになり
法的に次女のフアナ王女になりますが
夫のフィリップは狡く悪どい男です。
フアナ王女がフィリップを愛しく思う気持ちを
踏みにじり利用して、暴力を振います。
そのため、フアナ王女は精神を病むように。
女王として王国を統治できる状態ではありません。
それが、フィリップの狙いでもありました。
自分が国を統治したかったのです。






このフアナ王女の狂って行く演技が凄くて
闘犬のように歯茎を剥き出して
激しく怒りをブチ撒きます。
優しいイザベル女王にも、酷い言葉で罵り
暴れ回り、狂女となって行きます。
1話毎に怒涛のような展開に目が離せなくなり
残っているドラマを全部観てしまいました。
最後はイザベル女王が息を引き取ります。
周りの人々に慕われていた
イザベル女王が亡くなると、皆んなが泣きます
当時、支援していたコロンブスも泣きます
私も涙、涙😭
続きはどうなるのかしらと調べたら最終回でした!












# by blue-salvia2 | 2019-09-11 11:04 | エンターテイメント | Comments(16)

ロールパンをストックします

金曜日の午後にオットとサロンの家に来ました
昨日はオットの親戚の方に会い
バタバタと忙しい週末になりました
今日の昼間、息子は外出したので
私はおひとりさま。







その隙にパンを焼きました
前回作ったロールパンは冷凍しましたが
息子が少し食べたので
ストック用にロールパンを焼きました。
私が習ったレシピだと、ロールパンが
15個も出来てしまいます。
ストック用にしても多過ぎるので
分量を減らしたレシピがメモしてあり
過去の自分を褒めたいです。笑









b0406108_21165349.jpeg








自宅用なので、成型に緊張感なし!
途中で私なりのコツを見つけました。
次回、もう一度ロールパンを焼いてみます。








b0406108_21195587.jpeg







焼き上がったところに息子が帰宅!
匂いを嗅ぎつけてますね〜〜笑
ロールパン、全部で11個出来ました。







前回のロールパンを食べてなく
今回、焼き立ての熱々を千切って味見しました。
モチモチの系のロールパンです。










# by blue-salvia2 | 2019-09-08 21:32 | パン | Comments(16)

クリムト展に行きました

今週、オットと一緒にクリムト展を見て来ました。
自宅からクルマで行っても遠くない
豊田市美術館です
平日だと言うのに、駐車場は満車で
ぐるっと回って駐車場を見つけました








b0406108_18390292.jpeg







b0406108_18423345.jpeg








こちらでもクリムト展は人気で
チケットを購入するのにも少し待ちました
私達はこちらの美術館のレストランで
ランチをするつもりで家を出ました。
入場して直ぐにレストランに行くと
名前を書く受付表は2枚目
名前だけ書いて、クリムト展に行きました








クリムト没後100年を記念しています。
初期作品から、分離派結成後の黄金様式
各時代の作品を系統立てて
解り易く展示してあります
私達は音声ガイドの案内を聴きながら
絵を見て行きました
最後に、そのナレーターが稲垣吾郎さんだと
分かり少し驚きました。








ブロ友さんが私より前に
クリムト展についてブログに書かれています
クリムトの絵と共にクリムト展の詳しい解説です。
クリムト展をご覧にならなかった方も
実際にご覧になったような気分になるほど
素晴らしい解説です
























こんなに近い美術館で作品展を見ることが出来て
知らない都会で帰る心配もせずに
ゆっくりと落ち着いてクリムト展を鑑賞できました
いつもよりも充実した時間になりました
私はクリムトが避暑地で描いた風景画が
それまで描かれていた女性とは違って
癒された気持ちになりました
クリムト自身も風景画を描くことで癒されていました








さて、クリムト展の後はレストランへ
レストランに着いてから、4番目に名前が呼ばれました







b0406108_20043827.jpeg






大きな窓際の席からゆったり食事ができます
私達は窓際の席では無かったですが
広々としたレストランで快適です







b0406108_20045617.jpeg






b0406108_20052038.jpeg





この後にちょっとした波乱が…
メイン料理が出る前に
デザートとコーヒーが出て来て驚きました
驚いた余りにメインの料理が出てくると
写真を撮り忘れて少し食べてしまいました






b0406108_20054316.jpeg







b0406108_20055718.jpeg






本日の肉と魚料理のどちらかを選びます
どちらも美味しくて感激しました
メニューは他にもたくさんあります







b0406108_20061590.jpeg











レストランは食事だけでも入れます










b0406108_20071210.jpeg






b0406108_20064698.jpeg





食事の後はこちらの常設展示も見て来ました
高橋節朗さんは漆芸家です
豊田市に作品を75点を寄贈されています。
作品の漆工芸のデザインはモダンで繊細
珠玉の大作が並んでいます







b0406108_20074167.jpeg








# by blue-salvia2 | 2019-09-07 20:44 | 日々 | Comments(8)